島根県の南の玄関口! 国道54号縁沿い 島根県飯南町にある「道の駅赤来高原」の公式blogです

道の駅赤来高原では、 観光情報・道路情報の提供や、EVスタンド(急速充電器)、パンとスープの店『miel』(ミエル)でのお食事、お土産、お手洗い等、ご利用いただけます。
 
 ~EVスタンド(急速充電器)のご利用について~
【ご利用可能時間】 9:00~18:00(夏季は8:30~18:30)
【料金】 1回 515円 ※チャデモ協会非会員のお客様
※定休日の水曜日、年末年始等の休館日を除く
※ご利用いただくためには、専用のカードキーが必要となりますので、スタッフまでお申し付けください。
※電池容量80%までの充電が可能であり、約30分の充電時間を要します。
※チャデモ会員の方の料金はチャデモ協会で精算されますので、今まで通り料金徴収はございません。
※チャデモ会員の方は24時間年中無休でご利用になれます。
 
スタッフ一同 心よりお待ちいたしております。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
突然ですが、道の駅赤来高原より徒歩3分「赤穴八幡宮」についてとある資料を転載。

●赤穴八幡宮
 赤穴八幡宮は飯南町赤名に所在しています。主祭神として別雷神(わけいかづちのかみ)、玉依姫(たまよりひめ)、健角見神(たけづぬみのかみ)、大鞆和気命(おおともわけのみこと)、息長足姫命(おきながたらしひめのみこと)、帯中津彦命(おきなかつひこのみこと)を祀っています。
 社蔵古文書によると770年(宝亀元年)に現地に社殿を建立して松尾神社と称したとあります。1158年(保元3)の官宣旨(『石清水文書』)にはいわゆる出雲国八所八幡として「赤穴別宮」がみえ、少なくとも平安時代中ごろには「赤穴荘」が京都石清水八幡宮の所領となり、八幡宮が置かれていたと考えられています。
 さて、この地域には「丹塗箭神話(にぬりやしんわ)」という赤穴八幡宮(松尾神社)の創建にかかわる神話が伝えられています。玉依姫という女神が丹塗りの矢を姿に変えた大山昨(おおやまくい)という神に触れ別雷神という子神を生み、「松尾の森に宮処定めん」とお鎮まりになったというものです。この神話は「山城国風土記逸文」や『古事記』に同様のものがあり、古代幾代に栄えた賀茂族の出自を物語る神話と同一であることがわかっています。また、赤穴八幡宮に残る1556年(弘治2)の棟札には「八雲立出雲国飯石郡赤穴松尾庄金屋谷御鎮座以来(後略)」とあり、「赤穴荘」はもともと「松尾荘」と称されていたことがうかがわれます。これらのことから、八幡信仰がこの地に伝わる以前には別雷神、玉依姫、健角見命を産土神として祀る集団が存在し、農耕を営み「松尾荘」を形成していたのではないかと考えられています。このことは赤穴八幡宮の祭神に、松尾神社系の別雷神、玉依姫、健角見命グループと八幡宮系の大鞆和気命、息長足姫命、帯中津彦命のグループの二系統に分かれることからも指摘されています。
 また、『赤来町史』は、松尾荘を開拓した「私たちの遠い祖先は、大和地方を出て瀬戸内沿岸をたどり、この地域に根を下ろした古代賀茂族の一団であったと推定できる」と考察しています。
 はっきりとした時期はわかりませんが、石清水八幡宮勢力の進出に伴って、赤穴別宮が併設され「松尾荘」も石清水八幡宮の赤穴別宮領に転換して「赤穴荘」と呼び名を変えていったものと思われます。松尾神社の祭神も次第に赤穴別宮(八幡宮)に取り込まれていったと考えられています。
 1326年(嘉暦元年)、赤穴八幡宮は再建されていたことが当時の棟札からわかっています。再建したのは「紀季実」という人物で赤穴荘の地頭を名乗っています。紀季実は赤穴別宮領の荘官としてまた、石清水八幡宮、赤穴別宮の神官として赤穴荘を支配していた人物でした。再建にあたり、奉納した木彫八幡三神像は現存し、国の重要文化財に指定されています。境内には、樹齢1,000年を越えるといわれる、二本の大杉(大元杉とも夫婦千年杉ともいう)、銀杏と杉の連理、「丹塗箭神話」の史跡などを見ることが出来ます。
 例祭(11月1日~3日)には、氏子によってはやしこが奉納される。

http://www.pref.shimane.lg.jp/environment/nature/shizen/shimane/minnademamoru/hatimanngu.html
スポンサーサイト
2014.07.23 / Top↑
【道の駅赤来高原 旅行部門よりお知らせ】
お待たせいたしました!!三瓶山広域ツーリズム振興協議会主催のモニターツアー、冬バージョンが完成いたしました!!
今回も盛りだくさんの内容でお届けします♪
郷土食「あゆべか」、「へか焼き」や雪見カヌーや雪ソリ、スノーシューなどの体験、世界遺産石見銀山&出雲大社を巡る宿泊プランなど冬の三瓶圏域を満喫できます(゚∇^*)また、とってもお得な琴引フォレストスキー場宿泊パックもご用意させていただきました♪
秋のモニターに参加されたお客様もお待ちしておりますね(*゚v゚*)
hyousi2.jpg

uchigawa2.jpg

urabyoushi.jpg
2013.12.24 / Top↑
朝晩は涼しく肌寒い飯南町ですが

日中はまだ半袖で汗ばむ気温となっています

暦の上では秋ですが 涼を求め『常清滝』に行ってきました

『道の駅』赤来高原から三次・広島方面へ車を15分走らせると

作木分かれという交差点にでます

62号線へ右折しトンネルを抜けます

作木分かれから15分行くと常清滝の標識が現れるので左折します

道の駅 赤来高原
↑スグに駐車場があります

道の駅 赤来高原
↑駐車場から少し歩くと権現神社の鳥居があります

道の駅 赤来高原
↑さらに歩くと権現神社に突き当たり『常清滝』入口です

道の駅 赤来高原
↑約400m歩く間にきれいな小さい滝がいくつもあります

道の駅 赤来高原
↑いやぁ本当に圧巻です!!

道の駅 赤来高原
↑中生代白亜紀中期に噴出したとされる流紋岩の断崖にかかり、落差は126mにもなります

帰り道に歩いているとヘビに遭遇しました

家族でマムシ?と騒いでいましたが調べてみると

『日計(ひばかり)』と判明しました

森林の水辺などに住み 全長約50cmで かまれると1日のうち(その日ばかり)に

死ぬというところからこの名がありますが実際は無毒です

山歩きは指の出た履物は危険ですのでくれぐれもご注意ください


                   チビ森でした
2013.09.29 / Top↑
2013年9月23日(月)に第四回琴引山神話登山ツアーを催行しました。

61名のお客様にお集まり頂き、80歳代のお客様から小学校1年生のお客様まで元気に登山されました。

まずは由來八幡宮を正式参拝してから、琴引フォレストパーク スキー場より登山開始です。
道の駅赤来高原
道の駅赤来高原
↑↓琴引フォレストパーク スキー場奥に登山口があります。
道の駅赤来高原

道の駅赤来高原
↑十畳岩。とても滑りやすいので要注意です。
道の駅赤来高原
↑弦の清水。とてもきれいなお水でした。
道の駅赤来高原
↑大神岩。絶妙のバランスです。岩の間にコウモリがいました。
道の駅赤来高原
↑11時にスタートし13時に到着です。頂上付近では由來八幡宮氏子青年協議会の皆様が

豚汁を振舞われていたのでご相伴にあずかり、ここで昼食を済ませました。

とっても美味しかったです。どうもありがとうございました。

道の駅赤来高原
↑昼食後、各々山頂へ向かわれました。
道の駅赤来高原
↑ついに山頂!!(約1,014m)
道の駅赤来高原
↑写真奥に三瓶山が見え、琴引山ふもとにはスタート地点の琴引フォレストパーク スキー場が見えました。

道の駅赤来高原
↑右手には大万木山(おおよろぎさん)も見えました。

道の駅赤来高原
↑琴弾山神社を参拝の後、下山開始です。
道の駅赤来高原
↑休憩。
道の駅赤来高原
↑木々や植物を観察しながらの下山。
登りより下山の方が事故が多いので慎重です。
道の駅赤来高原
↑15時に61名全員無事下山です。

たくさんのご参加で、お客様同士が互いに気遣いながらの登山で、

見ているととても温かい気持ちになりました。

また来年も催行出来るよう、そして再会できるよう日々精進したいと思っております。

本当に皆様お疲れ様でした。ガイドの方やこのツアーに携わった全ての人に感謝いたします。



                 チビ森でした
2013.09.24 / Top↑
暑い日が続くので今回の文字色は水色にします


先日出雲の方へ用事があったので家族でお出かけしました

いつもと同じ道だと飽きちゃうので知らない道を使いました

ナビを使わず探検するのが大好きなんです

今回もくねくねカーブの多い山道を走ると

須佐神社に出てきました そして一言

『へ~こんなとこにでるんやぁ(京都出身なので)』

ヤマタノオロチを退治したという須佐之男命(スサノオノミコト)を祀る須佐神社

急遽予定変更です

道の駅からだと雲南市方面に54号線を北上し『道の駅』掛合の里を

越えますと左方に39号線があるので佐田方面に左折します


道の駅赤来高原
↑しばらく走ると須佐神社に到着です

道の駅赤来高原
道の駅赤来高原

↑神社横に流れる川をみると岩の上に水が流れているのにびっくりしました

道の駅赤来高原

↑宮司さんとお話ししたのですが この鳥居前の方位石を聞くのを忘れました

道の駅赤来高原

大社造りのご本殿 圧巻です

道の駅赤来高原

↑『大杉さん』この木は樹高30m、幹周6m、樹齢は1200年と言われています

道の駅赤来高原
道の駅赤来高原

↑須佐神社七不思議その1 その目で確かめに行ってください


見応え十分でしたが今度は時間をかけてゆっくり見たいと思います


須佐神社から車で5分位行くと八雲風穴もあるのでまだまだ残暑厳しい日が


続くと思いますので天然のクーラーに涼みに来てください


あと出雲須佐温泉ゆかり館もありお食事も出来ます


出雲にも抜けられるので出雲大社と一緒に参られてはいかがでしょうか



                   チビ森でした
2013.08.16 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。